■■コラム 連休に必ずやったほうがいいこと

徐々に毎日2万円稼げるようになるシステム【無駄編】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 購読者数日本一(まぐまぐ第1位) 川島塾代表 川島和正メルマガ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 10年連続年収1億円ビジネス書著者で 100ヵ国トラベラーの川島和正です。 本日も最新情報をお届けいたします。 ■■コラム 連休に必ず やったほうがいいこと     日本は今日からゴールデンウィークで 10連休の人が多いと思います。   ドバイも実は連休でして 9連休の人が多くなっています。   さて、連休には まとまった時間を確保できますので 人生計画を考え直す 絶好の機会であります。   普段は、目の前の仕事や家事に追われて じっくり考える時間を 確保することが出来なくても 連休なら確保することが可能です。     では、どのように人生計画を 考え直すといいかということですが 「人生において一番やりたいことは何か」 をよくよく考えることがお勧めです。   というのは、ほとんどの人は 周りからの要求に応えるだけの 人生を送っていまして 本当にやりたいことを 出来ていないからです。   一番多いパターンは 会社や取引先や顧客から要求されて それに反応するだけで 手一杯というパターンです。   これをやっていると 要求が多い人の奴隷になるだけで 自分の…

続きを読む

■■コラム STEPN銘柄がコインベース上場で爆上げ

オタク女子が60日で月収100万超えた戦略的接客術 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 購読者数日本一(まぐまぐ第1位) 川島塾代表 川島和正メルマガ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 10年連続年収1億円ビジネス書著者で 100ヵ国トラベラーの川島和正です。 本日も最新情報をお届けいたします。 ■■コラム STEPN銘柄が コインベース上場で爆上げ     私のコラムでたびたび話題にしている 歩くだけで稼げるアプリですが その代表格であるSTEPNのトークン GSTとGMTがコインベースに 上場しました。   これを受けて、歩くと貰えるトークン GSTが前日比30%アップで 900円になりまして 1番安い靴1足で10分歩くだけでも 7000円くらい稼げる状況です。   基本的に1日1回しか使えないため 最大200000円くらいですが それにしても革命的であります。     さて、このSTEPN まだわかっていない人のために 解説いたしますと、基本的には スニーカーの質により 時間あたりに稼げる金額が変わり スニーカーの量により 使える時間が増えます。   そして、スニーカーの質が高いものは スニーカーの値段が 高くなっています。   スニーカーの値段も この1日で値上がりしまして 本日は16ソラナで 日本円で20万円くらいが最低価格です…

続きを読む

■■コラム 従業員こそ経営者向けノウハウを見るべき理由

【エロで稼ぐ】スマホぽちぽちで月5桁を実現させる方法【アダルトアフィリエイト】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 購読者数日本一(まぐまぐ第1位) 川島塾代表 川島和正メルマガ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 10年連続年収1億円ビジネス書著者で 100ヵ国トラベラーの川島和正です。 本日も最新情報をお届けいたします。 ■■コラム 従業員こそ 経営者向けノウハウを見るべき理由     従業員には従業員の常識があり 経営者には経営者の常識があるものです。   そのため、従業員と経営者は 価値観がやや異なり 従業員は従業員同士で 経営者は経営者同士で 集まっていることが多いです。     なぜ、このようになっているのかと言うと 従業員は経営者にとって都合のいい 奴隷的存在になるように 教育されていることが多いからです。   例えば、従業員は、出勤時間を守って 低賃金でも一生懸命 働くことが大事であるとか 同僚に迷惑をかけるようなことを してはいけないとか 自分だけ楽しようとしてはいけないと 教育されているわけです。   この従業員の常識は 本質的に正しいわけではなく あくまで経営者の都合で 作られているのですが 従業員はそのことに気づかないで 正しいと思っているわけです。   よくよく考えるとわかるのですが 低賃金でも頑張るべきとか 同僚…

続きを読む


That's NEWS | 【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法 | 厳選 FF14 動画案内 | ロシア政治経済ジャーナル | 川島和正の日刊インターネットビジネスニュース | 水戸市のサラリーマン大家さん | 【ライセンスフリー音源】 Afternoon Music